更年期障害

おおよそ45~55歳ごろの時期を更年期とよびます。(女性は、閉経の前後5年の間)

更年期といえば女性というイメージですが、男性にも更年期があります。  

この年齢になると、体内の性ホルモンが減少することにより身体に変化が生じます。

女性ではエストロゲンという女性ホルモン、

男性ではテストステロンという男性ホルモンの減少がみられます。

更年期障害とは、これらのホルモンバランスの変化によって引き起こされる不快症状が重く、生活に支障をきたしている状態です。また、ホルモンバランスの他に、本人の心理や周囲の環境も更年期障害に係わっています。

すべての人が更年期障害に悩まされるわけではありませんが、身体の変化を実感する年代でもあります。

<症 状>

女性:ほてり・のぼせ・手足の冷え・発汗・頭痛・めまい・不眠・しびれ・どうき・肩こり・腰痛・疲労感・憂うつ・イライラなど。多彩な症状がみられますが、とくにほてり・のぼせ・発汗はエストロゲンの欠乏と深い関係があり、更年期障害の診断材料になります。

男性:憂うつ・イライラ・不眠といった精神症状が現われやすい傾向があります。他に、疲労感・ほてり・発汗・しびれなどがあげられます。また、女性にはそれほどみられない、性機能の低下を伴う場合も多くあります。

​上記の症状でお悩みの場合は、当クリニックにご相談ください。

スクリーンショット 2019-09-04 19.24_edited.png